女子バレー、日本はトルコに勝利!

バレーボールの女子世界選手権第7日目の本日11月7日、2次ラウンドE組は、国立代々木競技場で
日本とトルコが対戦し、世界ランキング5位の日本は同22位のトルコを3―1で下しました。

---------------------------------------------
2次ラウンドE組(東京) 日本×トルコ 対戦成績
--------------------------------------------- 
(Japan)                        (Turkey)
 日 本   3               1   トルコ

                JPN   TRK                       
         (第1セット) 25-19 

         (第2セット) 23-25 
 
         (第3セット) 25-19

         (第4セット) 25-13

第1セット目、エース木村沙織が的を絞った力強い攻撃を展開しましたが、トルコはこれを押さえ、
幅広い攻撃を見せました。最後は木村がスパイクを力強く決めてものにしました。
第2セットはトルコに奪われましたが、昨日の中国戦に続き、3セット目から主将の荒木絵里香がコートへ入り、
力強くなった日本のムードにトルコはミスを続けてペースを失いました。
第3セット、第4セットと木村沙織(きむらさおり)、江畑幸子(えばたゆきこ)を中心に得点を重ね、
トルコに流れを渡しませんでした。

本日のヒロインは、21歳の誕生日を迎えた江畑幸子。

江畑幸子は、第3セットでトスを力強く決めてトルコを制しました。
第4セットも江畑は勢いよく攻撃しました。
ここで5点目から10点目まで、日本の得点はなんとすべて江畑が決めるフィーバーぶり。
マッチポイント、江畑幸子が拾ったボールを途中交代の井野亜季子がつなぎ、最後は山本愛がトス。
そのボールを木村沙織がトルココートに沈めて、日本が貴重な一勝をあげました。

江畑幸子は、日立リヴァーレ所属で2010年全日本女子初選出された期待の星です。
スピードと力強いスパイクが持ち味とされています。凄いジャンプ力とパワーもあります。
10月31日にアルジェリアを降したときの迫田さおりも凄かったですが、
江畑幸子はエース木村沙織を抜いて世界一のアタッカーになるかもしれません。
予想以上の活躍でした。昨日の中国戦のときは、凄い選手が登場したな、と思いましたが、
まさか、ここまでやるとは思っていませんでした。

21歳の誕生日、おめでとうございます。

第2次ラウンドE組3日目、いよいよ明後日9日(火)に、日本は韓国との対戦を迎えます。
江畑の活躍によって、日本の女子選手に希望が出てきました。

画像
中央は、江畑幸子


リンク 「日本女子バレー初黒星、中国に完敗」
http://matiere.at.webry.info/201011/article_3.html
こちらでも、江畑幸子選手を特集しています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック