女子バレー、日本はコスタリカに完勝し開幕4連勝

代々木第1体育館で行なわれているバレーボール女子世界選手権第4日の今日11月2日、ポーランド、ペルー、アルジェリア相手に3連勝している日本はコスタリカと対戦しました。

(Japan)                       (Costa Rica)
 日 本   3               0   コスタリカ

                JPN CST                       
         (第1セット) 25- 9 

         (第2セット) 25-13 
 
         (第3セット) 25- 8 


25-9、25-13、25-8の3-0で勝利し、開幕4連勝としました。

日本は木村沙織、竹下佳江らの正確なサーブで主導権を握り、迫田さおりのスパイクや井上のブロックなどで着実に得点し、ストレートでコスタリカを下しました。

何といっても、迫田さおりの活躍が目をひきます。身長1m75cmながら高い跳躍力が武器。素晴らしいスパイクで攻撃します。「世界の舞台でこんなに活躍できるなんて、去年は想像もしていなかった」と目を輝かせる22歳に、真鍋監督も「最高の働き」と賛辞を贈ったといいます。

画像
迫田さおり


すでに2次リーグ進出を決めている日本は、準優勝した78年のソ連大会以来32年ぶりの表彰台を目指し、3日に強豪セルビアと対戦します。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック