フィギュアGPファイナル 浅田真央がキム・ヨナに逆転優勝

画像
フィギュアGPファイナル
女子フリーの浅田真央の演技


Date:2008年12月13日
曲名:アラム・ハチャトゥリアン 「仮面舞踏会」 (Masquerade by Aram Khachaturian)
技術点:64.57
構成点:59.60
減点:1.00
合計:123.17

2008年12月13日
浅田真央 グランプリファイナル2008 フリー演技 (解説:日本語)
2008年韓国の高陽市(Goyang City)>で開催されたグランプリファイナル(ISU Grand Prix Final 2008)、
日本代表-浅田真央 (Mao ASADA)のフリースケーティング演技の動画です。
映像はテレビ朝日で放送されたものです。
実況はテレビ朝日アナウンサー森下桂吉、解説は伊藤みどりです。



 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は13日、韓国の高陽で男女のフリーなどを行った。女子では、浅田真央(愛知・中京大中京高)が123・17点でフリー1位となり、計188・55点で、ショートプログラム(SP)2位から逆転優勝。ライバル金妍児(キムヨナ)(韓国)から、3季ぶりにGPファイナル女王の座を奪回した。3年ぶり2度目の栄冠に輝くとともに、4大会連続で表彰台に立った。女子の日本勢は6年連続のメダル獲得となった。

 01年のイリーナ・スルツカヤ(ロシア)以来史上2人目の3連覇を狙ったSP首位の金妍児(キム・ヨナ、韓国)は、フリーが120・41点で、計186・35点の2位に甘んじた。SP3位の中野友加里(プリンスホテル)は、ジャンプのミスが響いてフリー6位で総合5位。安藤美姫(トヨタ自動車)は4回転ジャンプに挑んだものの回転不足となり、フリー5位で総合6位だった。

 男子は、SP首位の小塚崇彦(トヨタ自動車)が、ジャンプで2度転倒してフリー3位となり、総合銀。日本男子史上初のファイナル制覇はならなかった。優勝はSP2位のジェレミー・アボット(米)。

 14日は大会上位者によるエキシビションが行われ閉幕する。

----------------------------------------------------------------------------------------
Copyright© 2008 Matiere



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 安藤美姫2位、バンクーバー五輪代表に | Youtube動画侍

    Excerpt:  フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは5日、東京・国立代々木競技場で第3日を行い、女子フリーでは前日のSPで首位の安藤美姫(トヨタ自動車)が119.74点をマーク、合計185.94点の2.. Weblog: Youtube動画侍 racked: 2009-12-06 01:40