初冬の平林寺散策

画像


昨日(2008年12月8日)、晩秋というか初冬の平林寺を散策してきました。
平林寺は何度か行ったのですが、今回は紅葉は終わりに近かい時季でした。
それでも、所々に赤みが揺れていました。
平林寺は川越藩主、松平信綱の菩提寺で紅葉で有名です。
門前のうどん屋さんで、けんちんうどんを食べて、平林寺に入りました。

けんちんうどんのけんちん汁は、もともと鎌倉の建長(けんちん)寺が創作した汁だったそうです。
素朴さと雑駁さが混じったうどんを汁まで全部すすり、五臓六腑に染み渡りました。

平林寺に入場の際、拝観の印に「一期一会」の札をもらいました。
画像

この札の裏面に書かれている「一期一会」の言葉の説明を転載してみましょう。
【一期一会】(いちごいちえ)
「人に接するときは、一生に一度しかないという心構えで応対する」ならば、自ら相手に対する思いやりが形となって表現される、ということです。
「一期一会」は井伊直弼(1815〜1860)の『茶道一会集』に出てくる言葉ですが、茶会の心構えや態度についてのみならず、私たちの生き方にも通じる意味深い言葉といえるでしょう。

近年、武蔵野といえば平林寺とまで言われるほど、その名は知られ、親しまれています。
関東にその名を知られる平林寺は、武蔵野の一角、野火止(のびどめ)台地に
約13万坪の境内地を有する臨済宗妙心寺派の寺院です。

寺は本尊「釈迦如来」を祀る禅寺であり、禅修行の専門道場です。
広大な境内林は国の天然記念物に指定されており、アオゲラ、カケスなど多くの野鳥が生息しています。

場所は埼玉県新座市野火止3-1-1で、交通アクセスはJR武蔵野線新座駅からタクシーで15分、
あるいは、東武東上線志木駅南口と西武池袋線ひばりヶ丘駅北口を結ぶ西武バスで、
志木駅からもひばりヶ丘駅からも約15分の平林寺バス停で降りた目の前です。

寺の縁起によると、南北朝時代の1375年武蔵野国騎西郡渋江郷金重村(現在の岩槻市)に
建てられたことに始まりますが、1580年になると、豊臣秀吉の岩槻城攻により、伽藍の大半を焼失します。
しかし、翌年に江戸に入った徳川家康の伽藍再建の朱印状により、復興へのスタートを切ります。
平林寺の大檀那である大河内家から徳川家親族の松平家の養子となった老中の松平信綱が、
徳川幕府直轄地の川越藩主となりました。

信綱は幕政でも島原の乱の収拾や、由井正雪の乱の収拾など活躍しましたが、
寛永16年(1639年)、島原の乱鎮圧の功により武蔵国忍藩より6万石で入封しました。
川越藩政においても、城下町の整備、自立農の整備、野火止用水の開削など、基礎を築きました。
信綱は才知に長け、家光と第4代将軍・家綱をよく補佐し、官職名の伊豆守から「知恵伊豆」と呼ばれました。

信綱は、野火止用水をつくった野火止の地に、平林寺を移転させようとします。
しかし、その計画が実施される以前に亡くなり、
息子の輝綱により、信綱の遺言は実施され、全てがこの野火止に移転されました。
川越藩は、元禄年間に5代将軍徳川綱吉の側用人で、武田家の庶流である柳沢吉保の支配地になりましたが、
その後、再び平林寺は大河内松平家の支配することになり明治まで続きました。

境内の放生池から下卵塔を通り雑木林の道をたどると、見事な五輪塔と石燈籠が立ち並ぶ墓所に出ます。
ここが松平伊豆守信綱をはじめとする大河内松平家歴代の広大な廟所です。
廟所に松平信綱夫妻の墓が二つ並んで立っています。
石垣の中、向かって左側の五輪塔が信綱公の墓です。
高浜虚子が「智恵伊豆の墓に俳句が詣りけり」と詠じたのは、この五輪塔です。
一寺に一大名の墓がこれだけ残っているのは、全国にあまり例がなく、
墓前に配された坐禅と燈籠が数十と並ぶさまは、あたかも主君に仕える家臣のように見え、
実に壮観です。

寺域一帯は野火止塚や松平家の墓所などの文化財をはじめ、
樹木が多く武蔵野の佇まいを今に残しています。

画像

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
画像画像
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
画像画像
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
画像画像
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
Copyright© 2008 Matiere





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック