バラの花咲く園 神代植物公園へ

バラの花咲く園 神代植物公園へ
懐かしいですね
シャンソン 『 ラ・ヴィ・アン・ローズ (La vie en rose) 』
1946年のエディット・ピアフの名曲です。邦名は、『薔薇色の人生』
1954年のオードリー・ヘプバーン主演映画 『麗しのサブリナ』 の主題曲でした。





風薫る5月の春を楽しむ花の神代植物公園の企画です。
5月はバラの季節。神代植物公園のバラ園はとても有名です。
園内には、美しい花園、大温室、雑木林、植物会館などがあり、
植物は4500種類、10万株にものぼり、ただただ垂涎。
一日中いても、何度行ってもあきない素敵なところです。

画像
神代植物公園
2003/5/25 春のバラフェスタにて
後方にあるのは神代植物公園の大温室


散策地: 
     神代植物公園、深大寺 (現地集合・現地解散)

日 程:  
     別途の方法でお知らせします。 (雨天中止)

集 合: 
     午前11時
      「神代植物公園 大温室入口前」 (ばら園そば)
              植物公園正門から個々に入園後、大温室入口前にお集まり下さい。

         正門を入って右側方向に大温室があります。
         上掲の写真奥の、左右対称の建物が大温室です。
         大温室の中央左に入口があります。

画像
神代植物公園 大温室入口
ここでお会いしましょう


画像
神代植物公園と深大寺周辺の地図
地図クリックで拡大


         上記地図の上方の園内中央部分左側が、神代植物公園正門。
         正門から入って、図の園内左下方向に大温室があります。


場所: 
     東京都調布市深大寺元町5-31-10 (TEL. 042-483-2300)

Webサイト: 
     http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/jindai/

入 園: 
     入園は、神代植物公園前バス停で下車し、神代植物公園正門から。

費 用:
     入園料
        大人500円、中学生200円、65歳以上250円 
     
散 策: 
     バラ園巡り、大温室(熱帯植物、洋らんなど)、さつき・つつじ園、
     ぼたん・しゃくやく園、自然林、水生植物園、深大寺・鬼太郎茶屋など。  
     
     5月の花は、さつき、シャクヤク、ばら。
     温室では、球根ベコニア、熱帯植物スイレン、ヒスイカズラ、イエライシャンなど。
     園内には、花屋さんもあります。     

昼 食: 
     園内には、芝生広場、噴水広場があって、いたるところに芝生があります。
     芝生にシートを敷いて、食事をすることはOKです。
     コンビニ弁当でも手作り弁当でも、弁当持参で昼食にしましょう。
     入園後、敷物で場所の確保をしよう。
     園内には、軽食、喫茶などもあります。
     深大寺そばをご希望の方は、深大寺門を出てそば屋に行けます。
     その後、神代植物公園に再入園する場合は、深大寺門を出る際に
     「再入園券」をもらって下さい。午後4時まで使えます。

     深大寺そばのお店の地図 http://chofu.com/web/jindaiji_soba/

持ち物: 
     弁当、飲み物、敷物、ゴミ入れ、雨具など。
     差し入れ大歓迎。 

交 通:
     以下のいずれかのバスに乗車する。

       バスルート図:
画像


     ・つつじヶ丘駅(京王線)北口 駅前バス乗り場 京王バス 
       路線『丘21』深大寺行き
     ・調布駅(京王線)北口(北口ロータリー)パルコ前14番乗り場 
       京王バス 路線『布田』深大寺行き
     ・調布駅(京王線)北口(北口ロータリー)パルコ前11番乗り場 
       小田急バス 路線『吉06』吉祥寺行き
     ・吉祥寺駅(中央線、京王井の頭線)南口(公園口)
       丸井前4番乗り場 小田急バス 路線『吉06』調布行き
     ・吉祥寺駅(中央線、京王井の頭線)南口(公園口)
       丸井前6番乗り場 小田急バス 路線『吉04・05』深大寺行き 
     ・三鷹駅(中央線)南口 駅前5番乗り場 小田急バス 
       路線『鷹56』調布行き 
     ・三鷹駅(中央線)南口 駅前3番乗り場 小田急バス
       路線『鷹65』神代植物公園前行き 
     
     いずれも、「神代植物公園前」バス停下車

     バス料金は、京王バスの場合は200円、小田急バスの場合は210円

     バスの乗車時間は、
        つつじヶ丘駅、調布駅からは約15分、
        吉祥寺駅、三鷹駅からは約20分から30分。
     
     バスの運行本数が多いのは、つつじヶ丘駅発と吉祥寺駅発です。

     バスの運行時刻についてはシーズンによって変動があります。
        京王バスは『バス-navi.com』
          http://www1.bus-navi.com/index.html で、
        小田急バスは『小田急バスHP』
          http://www.odakyubus.co.jp/ で調べることができます。
        東京バス案内Web
          http://www.tokyobus.or.jp/index.html でも調べることもできます。

     吉祥寺駅のバス乗り場は、南口(公園口)を出てそのまま直進(南進)し、
     井の頭通りの横断歩道を渡ります。

滞在予定時間: 
     11時~15時頃 (約4時間)

解 散: 
     深大寺周辺にて、各自、適宜の時間に自由解散。

     解散後、希望者はこのページの下方に記す「周辺の案内」を参考に、
     それぞれ自由な時間をお過ごし下さい。

     幹事会主催で、午後5時から、井の頭公園付近のレストランにおいて、
     有志による懇親会を催します。
     以下の散策に参加される方は、この会の幹事に同行頂いても構いませんが、
     参加者が多い場合はバスには同時には乗れません。
     なお、懇親会に参加される方は、個々にお時間をお過ごしの上、
     それぞれ集合時刻に会場にご参集下さい。

-------------------------------------------------------------------
以下、神代植物公園と深大寺の見どころです。

神代植物公園(花と緑のオアシス) じんだいしょくぶつこうえん

 場所:  
       東京都調布市深大寺元町5-31-10 (TEL.042-483-2300)

 説明:  
       神代植物公園は昭和36年(1961年)に都内唯一の植物公園として開園された
       都立公園。ヴェルサイユの庭園を思わせるような都内屈指の花の名所です。
       草木や花、自然をとともに安らぎを感じる都会のオアシス。
       四季を通じて草木の姿や花の美しさを味わうことができます。
       現在、約4,500種類、10万本・株の樹木が植えられています。
       園内はバラ園、ツツジ園、ウメ園、ハギ園など植物の種類ごとに30ブロック
       に分かれています。
       大温室には、珍しい熱帯の植物が集められ冬も彩り鮮やかな花々を観賞
       できます。

 武蔵野のたたずまい:
       神代植物公園ができる前は、この地は深大寺の雑木林であり、高校時代に当時
       の自宅(調布市上石原、京王線西調布)から、自転車でよく遊びに来ました。
       今は公園の奥に「自然林」と名づけられたエリアがあります。ここはシデやコナラ、
       クヌギ、カエデ類などの雑木林となっています。今も武蔵野の面影を残す自然の
       佇まいです。

 神代植物公園の名称の由来:
  (以下、神代植物公園の看板の写し等を短縮してまとめたものです)

       深大寺周辺は江戸時代から深大寺村と呼ばれていました。明治22年に、深大寺
       村、金子村、佐須村、紫崎村などが合併して神代村が誕生しました。
       深大寺村の本心は合併後も「深大村」としたかったようですが、他の村の反発を
       考慮して万葉集から『神代』を借用して、深大の「文字」を棄てて、ジンダイの「呼
       び名」を残す事で各村の合意を得たものです。

       なお、同時に、上石原村、飛田給村などが合併して調布町が誕生しました。調布
       という名称は、大化の改新後、土地の生産物である布を税(調)として納めていた
       ことに由来します。税は武蔵国の国府(現:東京都府中市)を経て、平城京(奈良
       の都)に納められていました。

       昭和27年に町制が施行され、神代村は神代町になり、昭和30年に、調布町と神
       代町が合併し調布市が誕生しました。その際、神代の町名は消えて、周辺は再
       び「深大寺」の付く住所となりました。神代という地名は、現在は植物公園にしか
       残っていません。
       ちなみに、「神代植物公園」の所在地の現在の名称は「深大寺元町」。

       植物公園の場所は、昭和15年に東京府がこの地に防空緑地をつくるため土地を
       買収し、当時の地名から「神代緑地」と命名しました。そして昭和36年に、防空緑
       地だった時の名称を引き継ぎ「神代植物公園」として開園しました。


 イベント: (じんだいフェスタ)
         お花見@神代植物公園。桜の開花時期に様々なイベントが実施されていま
         す。昨年平成19年は、3月31日(土)から4月8日(日)にかけて開催されまし
         た。土、日、祝日には開園時間を延長して桜のライトアップがされます。
         ステージの周辺にはイタリアンレストランなどが出店されるので、食事をした
         り、ワインやコーヒーを飲み、桜を見ながらコンサートを楽しむこともできます。
         神代植物公園の桜は種類が多いのが特徴。ソメイヨシノ、ヤエベニダレ、
         アメリカ、ジンダイアケボノなど65種類600本の桜があります。
         ソメイヨシノは140本。

       (春のバラフェスタ)
         北区西ヶ原の旧古河庭園のバラ園も見事ですが、神代植物公園のバラ園も
         素晴らしい。都内最大のバラ園です。毎年5月中旬から下旬にかけて5,100株
         のバラが咲き誇ります。「春のバラフェスタ」が開催され、豪華絢爛に咲き誇る
         バラの魅力を存分に楽しめます。期間中の週末は、開園時間を延長してバラ
         園がライトアップされます。
         春バラは花の数も多く、また花柄も大きく豪華に咲きます。バラ園にある西洋
         風のカフェテラスでジャズやクラシックの演奏が行われ、コーヒーやイタリアン
         料理を味わいながら優雅な音楽を楽しめます。
         夜にはライトアップして、野外ステージでコンサートも開催されます。

       (秋のバラフェスタ)
         毎年10月中旬から下旬の秋バラのもっとも色鮮やかに咲き誇る時期に
         「秋のバラフェスタ」が行われます。
         秋バラは春バラより花柄が少し小さいが、色は鮮やかだと言われています。
         春のバラフェスタと同様にバラ園を見ながらワインや食事をし、ジャズや
         クラシックを楽しめます。

画像
2003/5/25 神代植物公園 春のバラフェスタにて


画像
2003/5/25 神代植物公園 春のバラフェスタにて


画像
2004/5/8 神代植物公園 バラ園にて
 

神代植物公園内散策ルート(例)

  神代植物公園正門--大温室--ばら園--芝生広場(大芝生)-
  -植物会館・ガーデンビューロー(展示室・売店)--さつき・つつじ園-
  -ぼたん・しゃくやく園--自然林--せせらぎの小径--深大寺門

  園内には植物会館(管理事務所・展示室)の横にグリーンサロン(レストラン)と
  ガーデンビューロー(売店)とその他に売店が2箇所(バラ園と芝生広場)あります。
  売店では、花を買うことができます。

-------------------------------------------------------------------

深大寺(天台宗の古寺) じんだいじ
 
 場所:  
       東京都調布市深大寺元町5-15-1

       深大寺周辺は、北、東、南、元の深大寺4町に分かれています。調布市に属して
       おり、南側以外は三鷹市に囲まれています。なお三鷹市にも一部、深大寺という
       地名がありますが、そこは、かつて深大寺領の飛び地だったものだろうと推測しま
       す。

 Webサイト: 
       http://www.csa.gr.jp/csabodyjindai.htm

 説明:  
       奈良時代に創建された天台宗別格本山の仏教寺院。
       東京では浅草寺についで古い歴史を持つ寺です。
       境内のいたるところに水路や池があり、水に囲まれた名刹。
       厄除け、商売繁盛、縁結びの寺としても名高い。
       山門前は、江戸初期より350年余の長い歴史的評価と伝統を持つ
       「深大寺そば」の店が軒を並べています。
       隣接する都立神代植物公園の地は深大寺の旧寺領でした。

画像
新緑の深大寺山門


-------------------------------------------------------------------

鬼太郎茶屋(癒しの空間) きたろうじゃや

 場所:  
       東京都調布市深大寺元町5-12-8 (TEL.042-482-4059)


 Webサイト: 
       http://www.youkai.co.jp/chaya.html

 説明:  
       調布市在住で、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるが深大寺門前に再現した
       「水木ワールド」です。
       1Fは、物販コーナーと飲食コーナー。
       妖怪たちが甘味やお茶を用意しています。
       2Fは、レトロな雰囲気の妖怪ギャラリーと癒しのデッキ。

画像
鬼太郎茶屋

-------------------------------------------------------------------
深大寺周辺散策ルート(例)

  神代植物公園・深大寺門--深大寺水車館--深紗堂--鬼太郎茶屋 深大寺店-
  -深大寺--むさし野 深大寺窯--八起--水生植物園--深大寺城跡・そば畑-
  -深大寺バス停

-------------------------------------------------------------------
    
午後5時から、井の頭公園付近で行なう幹事会主催の有志懇親会に
参加お申込みの方に、深大寺で解散後の周辺のお薦めスポットを、
以下にご紹介します。
なお、参加者数が多い場合、移動の際のバスには一度に乗れない可能性が
ありますので、下記につきましては、各々において自由な時間をお過ごし下さい。


オプション(フリーコース)

 周辺の案内:


    (1) 深大寺温泉 ゆかり 
       (天然温泉~露天風呂、風水温泉など)

      場所:
       東京都調布市深大寺元町2-12-2 (TEL.0424-99-7777)

      道案内:
       深大寺門前から徒歩約6分

      費用:
       1日券 1,650円  カラスの行水券 1,000円
         (館内着、タオル、バスタオル込み)

      Webサイト:
       http://www.shiroyama-gr.co.jp/yukari/

      説明:
       深大寺の近くにある風水ヒーリング温泉。
       1999年に調布で湧き出た温泉を引いています。
       全14種のバラエティ豊かな温泉です。
       風水温泉は東京初の温泉です。
       深大寺そばが、温泉場の食事処に有ります。
       [営業時間] 10:00~22:00
       [風呂] 露天、内湯、サウナほか

画像
深大寺温泉ゆかり



    (2) Poki ショップ 風の駅 (ポキショップ かぜのえき)
       (オープンカフェ)

      場所:
       東京都三鷹市下連雀1-17-1 (TEL.0422-45-2657)

      道案内:
       深大寺から井の頭公園に行くには、深大寺バス停から吉祥寺行きの
       バスに乗ります。
       バスが下連雀を過ぎると明星学園入口--万助橋 --文化園前--
       公園入口--吉祥寺駅の順に止まりますが、井の頭公園の裏にあた
       る万助橋バス停で降りて、園内に入ると趣きがあっていいかもしれま
       せん。

       「風の駅」は、万助橋バス停前にまるで森に溶け込むようにして佇
       んでいます。
       深大寺からバスで約25分、万助橋バス停下車すぐ。
       吉祥寺駅・三鷹駅からはバスで約5分。 
       (吉祥寺通りと風の散歩道の交差点そばです)

      費用: 
       ドリップコーヒー 800円(だと思う)?

      説明: 
       「風の駅」は、7~8人は座れる小さなコーヒーショップです。
       2004年にオープンしました。

       「風の駅」は、三鷹の森ジブリ美術館や井の頭公園へ訪れる人に対
       する利便の向上を図ることを目的としています。
       井の頭公園散策の待合せ場所によいと思います。
       ブラジルで有機栽培された豆を使って、注文を受けてから豆から挽い
       て淹れるホットコーヒーの味は絶品! 
       他にアセロラジュース、シークヮーサージュースなどもあります。

       「風の駅」は、三鷹市の観光・情報スポットを兼ねており、三鷹市内
       の観光情報やユニークな店・商品などが紹介されています。
       店内では、三鷹ブランドの物品や鷹やフクロウの置物、宮崎駿監督
       のPoki(ポキ)のグッズなどが販売されています。
       Pokiは、ジブリ美術館誕生を記念して、宮崎駿監督が鷹の子をイメー
       ジして三鷹市のために作ったというイメージキャラクターです。
       毎週、天気の良い土日に、フクロウのベンガルちゃんと鷹のネテル
       ちゃんが来ています。 

       営業時間: 10:00 ~ 18:00  休業日:   火曜日

画像
風の駅
写真は「かえるま」さんからお借りしました。


画像
井の頭公園 MAP
地図クリックで拡大


     (3) 三鷹の森 ジブリ美術館

      場所: 
       東京都三鷹市下連雀1-1-83 (井の頭公園西園内) 
                               (TEL.0570-055777)

      道案内:
        深大寺からは 吉祥寺行きバスで25分、万助橋バス停下車すぐ
        三鷹駅南口から玉川上水沿い「風の散歩道」を
                                ゆっくり歩いて約15分
        三鷹駅南口からバスを利用すると約5分、
                        三鷹の森ジブリ美術館バス停下車

      費用: 
        入場料 一般 1,000円

      Webサイト: 
        http://www.ghibli-museum.jp/index.html

      説明:
       映画『千と千尋の神隠し』などで人気のある宮崎駿監督が企画し、
       2001年10月に建設された三鷹市立アニメーション美術館。
     
       ジブリ美術館の入館は、日時指定の事前予約制です。チケットは
       コンビニの「ローソン」が独占販売しています。ローソンで買うか、
       電話or携帯orインターネットで予約する方法があります。
       [営業時間]10:00~18:00  [休業日] 火曜日

画像
ジブリ美術館



    (4) 風の散歩道
       (緑と水の公園都市・三鷹のシンボル的な道路)

      道案内: 
       吉祥寺駅に行く場合と方向は違いますが、万助橋から三鷹駅南口ま
       での玉川上水沿いの約800メートルの道は、「風の散歩道」と名付け
       られており風情があります。

      説明:
       三鷹の森ジブリ美術館が開館され、三鷹駅からのアクセス道路とし
       て賑わっています。春には玉川上水の桜がライトアップされ、秋には
       落ち葉の歩道となり四季の情緒が感じられる道路として、玉川上水
       の環境に配慮したシンボルロードしての役割を担う道路となっていま
       す。この道をゆっくり歩くと木々の緑、そよ吹く風に次第に心が癒やさ
       れていきます。
       この周辺は、太宰治の文学碑や山本有三記念館があって、文学の
       薫りが漂っています。太宰治が愛人と入水自殺した玉川上水は、
       万助橋より約600m上流のところです。


    (5) 井の頭公園 (いのかしらこうえん)
       (日本さくら名所100選に選ばれている桜の名所)

      場所: 
       東京都武蔵野市御殿山1-18-31 (TEL.0422-47-6900)
      
      道案内:
       井の頭公園の裏側にあたる万助橋から夕暮の園内を
       そぞろ歩きしながら、公園通り(現・吉祥寺通り)を直進し
       吉祥寺の街(北口側)に繰り出せます。

       なお、公園通りと井の頭通りは交差しており、交差点を公園通り
       から右に曲がるとバス乗り場のある井の頭通り。井の頭通りの
       丸井の前の横断歩道を渡ると、吉祥寺駅南口(公園口)です。

      費用:
       井の頭公園のほとんどの部分は24時間開放型で無料です。
       ただ、井の頭公園内には「東京都井の頭自然文化園」という有料
       の部分があります。自然文化園はミニ動物園といったところなので、
       入園料が必要です(大人400円、65歳以上200円)。

      説明: 
       井の頭公園は、豊かな森と水の残る都民の憩いの場です。
       井の頭公園は、東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる都立公園
       です。
        
       井の頭公園は正式には「井の頭恩賜公園」(いのかしら・おんし
       ・こうえん)といいます。「恩賜」とは「天皇から頂いた」という意味
       です。

       この一帯は、長い歴史の中で、周辺は都市化が進み武蔵野の
       風景が失われてきました。それでも、井の頭公園は、豊かな森と
       水の残る貴重な空間として、私達を迎え今も包んでくれます。
       園内は、井の頭池とその周辺、雑木林と自然文化園のある御殿
       山、そして運動施設のある西園と、西園の南東にある第二公園の
       4区域に分かれています。
       園内は四季折々の色彩に彩られ、訪れた人を魅了します。
         
      Webサイト: 
       http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/inokashira/index.html

  吉祥寺南口(公園口)周辺の地図:
画像
地図クリックで拡大
吉祥寺南口(公園口)
吉祥寺通り(旧称・公園通り)、井の頭通り周辺


画像
井の頭公園の噴水
噴水の奥に弁財天が見える。


以上、フリーコースでした。


-------------------------------------------------------------------

夜の懇親会場

        5時から、下記の会場で幹事会主催の有志懇親会を行います。
       参加希望の方は担当幹事にお申込み下さい。
 

-------------------------------------------------------------------

ラ・フォルテ (クラシック音楽とイタリア家庭料理が楽しめる店) Laforte
 
 場所:  
       東京都三鷹市下連雀1-17-4(TEL.0422-79-7307)

 道案内:
       万助橋バス停の目の前にあります。
       「風の駅」は歩いてすぐのところにあります。

       深大寺より   吉祥寺行きバスで25分
       吉祥寺南口より 徒歩12分
              バス利用の場合 調布行き又は深大寺行きで5分
       三鷹駅南口より 徒歩10分
              バス利用の場合 ジブリ行きバスで5分
       万助橋バス停前(ジブリ美術館手前)

 Webサイト: 
       http://www.laforte.jp/

 費用: 
       (例)
       【パーティー10品 ドリンク別 3,500円】
        ~イタリアン料理を大皿で堪能、ボリューム満点~
        (料理例)時節により異なる。
         ・前菜3種
         ・パスタ3種
         ・ピザ(例:シーフードピザ)
         ・メインディシュ(例:チキンの香草焼)
         ・デザート
         ・珈琲
       【単品料理】
         ・カルパチョ(1,150円) 
         ・マリネ(1,150円) 
         ・パスタ各種(1,100~1,300円) 
         ・ピザ各種(1,360~1,600円) 他
       【フリードリンク 飲み放題 2,000円】
         ・ビール、ワイン、各種ソフトドリンク
       【単品ドリンク】
         ・グラスワイン(450円) 
         ・ボトルワイン(2,500円~4,800円) 
         ・ビール中瓶(650円) 
         ・日本酒グラス(700円) 
         ・焼酎(600円)
         ・ソフトドリンク各種(420円~520円)  他

 説明:  
       閑静な住宅地に佇むクラシック音楽を楽しめるイタリア家庭料理の
       レストランで、ゆっくりと食事が楽しめます。店内では、音楽家の
       オーナーならではの演出がいっぱい。
       目の前には井の頭公園が広がり、緑豊かで優雅なひとときを
       贅沢に過ごせるはずです。

       隣接するジブリ美術館の行き帰りの休憩に、お茶やケーキ、食事に
       便利。

       地下には、一般にレンタルしている70席の貸し音楽スタジオが
       あり、コンサートや発表会、講習会やレッスンなどで気軽に使え、
       様々なParty会場としても利用できます。

       お店の宣伝に、
       「本格シェフによるイタリア家庭料理をベースとしたランチ、ディナー、 
       各種Partyをお楽しみいただけます。
       演奏家のオ-ナーがプロデュースするサロンコンサートや音楽ディナー
       が開催されます。
       ラ・フォルテでしか味わえない楽しいお時間をお過ごし下さい」
       とあります。

       なお、クラシック音楽の生演奏を聴きながらのディナーは、毎週金曜日に
       催されています。普段は、クラシック音楽のBGMが流れます。


       1Fの食事での利用可能人数は、
                     着席の場合、30名前後
                     立食の場合、40名前後

       営業時間は、11時~21時
         (ランチ12:00~15:00、ディナー18:00~21:00) 

       火曜定休

滞在予定時間: 
     17時~19時頃 (状況により延長可能)

画像
ラ・フォルテ 店内


画像
ラ・フォルテ周辺地図


-------------------------------------------------------------------
リンク: 「武蔵野 春の行楽プラン」
          http://matiere.at.webry.info/200801/article_6.html
-------------------------------------------------------------------
Copyright© 2008 Matiere


この記事へのコメント

matiere
2008年03月08日 22:46
「お花見@神代植物公園」ともいえる「じんだいフェスタ」の
2008年の日程が発表されました。以下の通りです。

(1)じんだいフェスタ2008
 4月5日(土)、4月6日(日)、4月12日(土)、13日(日)
 各日11時、13時、15時 バラ園テラスで
 ジャズやマリンバのコンサートが開催されます。
(2)桜のライトアップ
 3月29日(土)・30日(日)・4月5日(土)・6日(日)
 日没から20時まで開園時間を延長し、桜の大木約100本が
 ライトアップされます。

インターネットのウェザーニュースのさくらChによると、
2008年の神代植物公園と井の頭恩賜公園の開花予報を調べてみました。
神代植物公園  3月27日
井の頭恩賜公園 3月25日

この記事へのトラックバック

  • 虫食べちゃう植物たち 神代植物公園で特別展

    Excerpt: 小さな生き物を捕らえ、消化して養分を吸収する珍しい「食虫植物」の特別展が、調布市の都立神代植物公園の大温室展示休憩室で開かれている。8月4日まで。土日には、ハエトリグサが虫を捕らえる様子を観察する子供.. Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2013-07-28 20:51