FlashムービーとFlash Videoについて

今まで、WindowsでWeb用のスライドショーを何回か作ったことがありますが、Windowsでしか閲覧できない、Macでは観ることが出来ないという難点がありました。Macで作った場合でも、おそらくWindows上では機能しないものと思われます。

●Flash

Webブラウザ上で、Windows、Mac OS X、Linux などのOSの種類に依存せずに動作するソフトは、アドビ(Adobe Systems社)のソフト「Flash」が有力です。

Flashを利用した動画を配信する方式には、Flashムービー(拡張子swf)と、Flash Video(拡張子flv)の2種類の形式があります。


Webコンテンツを作成するソフト「Flash」は有料ですが、閲覧用のソフトは「Flash Player」で、無償です。
Flashコンテンツを閲覧するには、PCのWebブラウザ(インターネット閲覧ソフト)に、AdobeSystems社のソフト「Flash Player」がプラグインされている(組み込まれている)必要がありますが、最新OSなら「Flash Player」はすでに入っています。

プラグインされているかどうか、またはそのバージョンを確認するには、下記のサイトを参照して下さい。
  【Win/Mac】 Flash のバージョンを確認する

プラグインされていない場合は、「Flash Player」は下記のインターネットから無償でダウンロードできます。
Adobe Flash Player ダウンロードセンター (Windows)
Adobe Flash Player ダウンロードセンター(Mac OS X)

アドビ(Adobe Systems社)


Flashで作成されたファイルはOSに依存せず、そのままWeb上で閲覧可能です。Flash Player はWindows 、Macintosh、Linux、Solaris など各種のOSに対応しており、使用するブラウザによって見え方が変わることもありません。

Adobe Flash(アドビ フラッシュ)は、アドビシステムズが開発している動画やゲームなどを扱うための規格及びそれを制作する同社のソフトウェア群の名称です。略称は FLASH、フラッシュ、Fl など。旧称は Macromedia Flash であり、かつての開発会社はマクロメディア。2005年4月にマクロメディアはアドビシステムズに買収され、プレイヤーは Adobe Flash Player に改名されました。作成ソフトは、2007年4月アドビのクリエイティブ製品群である「Adobe Creative Suite 3」に組み込まれて新バージョンとなるAdobe Flash CS3 Professional が発売され、作成ソフトの名称も Adobe Flash に改名されました。


●SWF ~Flash ムービー

SWFファイルは本来、動画ファイルではなく、Webアニメーションで汎用される形式です。
ベクターイメージで描画する事により動的画像データとしては、非常にデータ量を小さくした事により注目されています。

1997年の発売以来,デザイナーやアニメーターから広く支持され、インターネットでサイト、漫画、リッチメディア広告からミニムービーに至るまで、あらゆるデザインプロジェクトを席巻してきました。

Web サイトに,画像データやムービーデータを貼り付ける、3D オブジェクトを配置する、さらに音声データに指向性を持たせることもができます。

この SWFの中には、動画ファイル(AVIや FLVなど)や、音声(MP3,WAVなど)や、ビットマップ画像(BMP,JPEG,GIFなど)を埋め込むことが出来ますし、埋め込まない場合も、動画ファイルであれば FLV、音声ファイルであれば MP3、ビットマップ画像ファイルであればJPEG,GIF,PNGをSWF 内にロードして表示することも可能です。また,SWFの中にSWF をロード表示することもできます。

SWFを使った作品を紹介します。
「博坊's アニメファンタジー 日本の唱歌」
http://park1.wakwak.com/~hirobo/syoka/
この中の各曲の「観覧」をクリックすると、FLASH(swf)の面白いアニメが登場します。


●FLV ~Flash Video

一方、FLVは、Flash独自のビデオフォーマット形式で、動画配信の多くは、FLV 形式が採用されています。GoogleVideoが採用したことで話題になっています。
FLVのメリットとしては、ビットマップデータなので、例えばビデオカメラで映した映像などはSWFより扱いやすいことにあります。

FLVは、AVI やMPEG などと同じような単なる動画ファイルです。ですから、他のファイルを埋め込んで、SWFのように使うことはできません。

FLVファイルを再生できるソフトは、Flash Playerのみです。
Windows、Mac OS X、Linux などのOS上で動作し、Internet ExplorerやFirefoxなどの代表的なWebブラウザの中でプラグイン(組込みソフト)として動作させることもできます。

一言でいえば、FLVは動画をWeb上で再生できるファイルフォーマットと言えます。


●Flash Lite 3

2007年2月20 日、Adobe Systems社は、携帯端末向けに設計されたソフトウェア「Flash Lite 3」を発表しました。今までパソコン上でしか楽しめなかったAdobe Flash Playerによる動画フォーマットを携帯端末からでも視聴できるようにするほか、通信事業者、携帯端末メーカーやデベロッパは、魅力的で表現力豊かなコンテンツ体験をユーザへ提供できるとのことです。

Flash Lite 3でサポートされる動画フォーマットのFLVは、携帯端末側が対応した場合にのみ再生が可能になりますが、NTTドコモとノキアの2社は、今後登場する携帯端末でのFlash Lite 3対応をすでに表明しています。

また、Flash Liteによって、YouTubeやMySpaceといった人気サイトの表現力豊かな動画コンテンツが楽しめるようになるとともに、デベロッパは携帯端末や家電向けなど、さまざまなプラットフォーム上で動的かつ斬新なアプリケーションを開発することができることが期待されています。

●Flash の画質

Flashでは、画像はベクター形式で表現されるので、画質を落とさず画面サイズを変えることが出来ます。

-----------------------------------------------------------------------
リンク:
 「画像データの形式 = ラスター形式とベクター形式」
   http://matiere.at.webry.info/200711/article_18.html

 「Flash作成用ソフトウェア」
  http://matiere.at.webry.info/200711/article_17.html
-----------------------------------------------------------------------
Copyright© 2007 Matiere


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック