【映画】三丁目の夕日 ~ あの頃の映画

昭和30年代、あの頃の映画



嵐を呼ぶ男

画像


 堀北真希さんのブログの「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の中で映画を観にいくシーンが紹介されていて、映画館のポスターをよくみると、なんと、「狂った果実」と「嵐を呼ぶ男」の2本立て。
どちらも、私が中学生から高校生時代にかけて公開された日活映画。
なにか急に若返った気分です。

 昭和30年代は、まさに日本映画の黄金時代でした。この頃は、日活撮影所のある調布に住んでいましたので、多摩川や撮影所の周辺をよく散歩していました。中学校の先生に引率されて、その他大勢の役でエキストラとして参加したこともありました。調布は「東洋のハリウッド」と呼ばれ、日活・大映ともに多くのスターを生み出しました。 しかし、その後のテレビの普及により、撮影所は次第に縮小しましたが・・・

 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の中に昔の映画館の光景をみて、懐かしい思いでした。
 当時は、石原裕次郎を中心としたアクション映画と、
 吉永小百合を中心とした青春純愛映画が日活を牽引していました。

 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」で、当時中学生~高校生であった青春時代にもう一度、
 めぐり合えるような気がします。

2007年11月3日公開
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日



「太陽の季節」 

            (主演:南田洋子、長門裕之) 昭和31年05月17日公開
                            石原裕次郎新人デビュー

画像


 この映画が公開されたときは、中学生でした。内容はおぼろげながら耳にしましたが、
 文部省推薦!?でも、両親推薦!?でもなかったので、観ることは出来ませんでした。


「狂った果実」
 
            (主演:石原裕次郎、北原三枝、津川雅彦) 昭和31年07月12日公開

画像


 頭が狂って、勉強が手につかなくなるのではないかと思いました。 
 親に内緒で、一人でこっそり観に行きました。狂いました。


「錆びたナイフ」
 
           (主演:石原裕次郎、小林旭、北原三枝) 昭和33年03月11日公開

画像

 
 カラオケで歌うことがありますが、裕次郎の歌がいいです。 
 「砂山の砂を 指で掘ってたら まっ赤に錆びた ジャックナイフが 出て来たよ どこのどいつが
 埋(うず)めたか 胸にじんとくる 小島の秋だ~」


「陽のあたる坂道」
 
            (主演:石原裕次郎、北原三枝) 昭和33年04月15日公開

画像

 
 石原裕次郎をイメージして書かれた石坂洋次郎の小説の映画化です。
 通学の途中、映画を真似て、陽のあたる坂道を自転車で駆け上ったりしていました。


「嵐を呼ぶ男」
 
            (主演:石原裕次郎 北原三枝) 昭和33年12月28日公開

画像

 
 石原裕次郎を一躍国民的スターにした大ヒット作です。 歌の中で裕次郎は、
 「おいらはドラマー、やくざなドラマー、おいらがおこれば嵐をよぶぜ」と歌っており、
 やくざ映画と勘違いされそうですが、裕次郎の笑顔が底抜けに明るい。
 美しい兄弟愛を中心に裕次郎が唄って暴れてぐっと泣かせます。


「ギターを持った渡り鳥」
 
            (主演:小林旭 浅丘ルリ子) 昭和34年10月11日公開

画像

 
 はじめて観た小林旭のアクション映画です。
 流れ者の風来坊が、地元のボスとその一味の悪巧みと戦うという和製西部劇のような
 単純明快なお話。 大ヒットで「渡り鳥」はシリーズ化されました。
 小林旭の歌は、この後、名曲「北帰行」等につながります。
 ヒロイン浅丘ルリ子の目が愛らしく可憐でした。

 このあと私は、昭和38年頃からの、石原裕次郎と浅丘ルリ子の共演による
 「夕陽の丘」「赤いハンカチ」などの日活ムード・アクションにはまっていきました!!!

-----------------------------------------------------------------------

【回想】「三丁目の夕日」の時代~あの頃は

-----------------------------------------------------------------------

あの頃の映画の回想

  ●石原裕次郎を懐かしむ 

  ●浅丘ルリ子を想う 

-----------------------------------------------------------------------
当blogにて使用している画像・音楽・引用文の著作権は、その著作者・制作者・制作会社に帰属します。
Copyright© 2007 Matiere




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 三丁目の夕日の昭和ロマン【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】

    Excerpt: 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」と昭和ロマン「ALWAYS 三丁目の夕日」シニアの生き方、そんなことを考えているときこの映画に出会いました。三丁目の夕日、第1作を一人で2時間DVDを見てすぐ続編も見.. Weblog: 三丁目の夕日の昭和ロマン【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 racked: 2007-11-18 23:21
  • 三丁目の夕日 ロマン【ちゃお シニア映画ファン】

    Excerpt: 三丁目の夕日がシニア世代のロマン 昭和ロマンが、今、人の胸をうち感動を呼ぶ、そんな時代になったそうこの映画のヒットで思いました。 ロマンを大辞林 辞書で確かめました。「小説のように変化に富み、かつ甘.. Weblog: 三丁目の夕日 ロマン【ちゃお シニア映画ファン】 racked: 2007-11-30 00:26
  • 三丁目の夕日の昭和ロマンCG【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】

    Excerpt: 三丁目の夕日のCGは主役【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】三丁目の夕日映画でのCGが映像化した東京の風景は現在の東京の姿とあまりにも違うことに視覚を通して気づかせます。東京タワーの真下の下町が主たる.. Weblog: 三丁目の夕日の昭和ロマンCG【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 racked: 2007-12-01 23:22
  • 三丁目の夕日のCG2【古典映画@映画今昔 】

    Excerpt: 三丁目の夕日 CGの東京三丁目の夕日でのCGが映像化した東京の風景は現在の東京の姿とあまりにも違うことに視覚を通して気づかせます。東京タワーの真下の下町が主たる舞台ですが、現在のその町を知るだけに、4.. Weblog: 三丁目の夕日のCG2【古典映画@映画今昔 】 racked: 2007-12-02 18:14
  • 三丁目の夕日 ロマン【映画館(こや)の木戸はあいている】

    Excerpt: 三丁目の夕日 懐かしい人たち三丁目の夕日、人人情が伝わる映画でした。DVDと劇場と久しぶりに映画館をはしごした気分です。20代の頃年間400本も映画を見ていた時代の戻った気分です。急にこの映画が見たく.. Weblog: 三丁目の夕日 ロマン【映画館(こや)の木戸はあいている】 racked: 2007-12-05 23:07
  • 三丁目の夕日と僕の時代【映画情報@映画今昔物語 】

    Excerpt: 三丁目の夕日からの思い出作文三丁目の夕日を見て自分の生きてきた時代をたどる事が出来ました。ALWAYSとは「いつものように」とか「ずっと永久に」などの意味を含んだ言葉です。三丁目の夕日のラストで鈴木オ.. Weblog: 三丁目の夕日と僕の時代【映画情報@映画今昔物語 】 racked: 2007-12-09 00:40