matiere

アクセスカウンタ

zoom RSS 全日本女子バレー、アメリカを倒し銅メダル獲得

<<   作成日時 : 2010/11/14 23:19   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

バレーボールの女子世界選手権最終日は14日、国立代々木競技場で行われ、
前日の準決勝で世界ランキング1位のブラジルに敗れた日本は、
3位決定戦でアメリカにセットカウント3-2で逆転勝ちして銅メダルを獲得しました。
日本が世界選手権でメダルを手にするのは1978年の大会での銀メダル以来32年ぶりです。
五輪とワールドカップを合わせた世界3大大会では、
1984年ロサンゼルス五輪の銅メダル以来となります。

決勝はロシアがフルセットの末にブラジルを3―2で下し、
2大会連続7度目の優勝を果たしました。

---------------------------------------------
決勝ラウンドE組(東京) 日本×アメリカ 対戦成績
--------------------------------------------- 
(Japan)                        (USA)
 日 本   3               2   アメリカ
                      

                JPN  USA                       
         (第1セット) 18−25 

         (第2セット) 25−23 
 
         (第3セット) 21−25

         (第4セット) 25−19

         (第5セット) 15− 8


日本は第1セット、序盤は一進一退の攻防を繰り広げましたが、
後半にミスが重なり、流れに乗れず18−25で落としました。

第2セットは持ち前のコンビバレー、粘るバレーを展開。
序盤はリードを許しましたが、途中出場の石田瑞穂が流れを変え、
エース木村沙織のスパイク、井上香織の移動攻撃など
多彩なバレーで25−23で競り勝ち、
セットカウントを1−1の振り出しに戻しました。

第3セットは21−25で落とし、日本は窮地に立たされました。
それでも負けませんでした。

日本は、第4セットからキャプテン荒木絵里香を投入。
序盤からリードを保ち、
中盤では荒木絵里香、木村沙織のスパイク、山口舞のブロックなどが綺麗に決まり、
アメリカを圧倒。25−19で取り、
セットカウントを2−2とし、ファイナルセットへ持ち込みました。

最終セット、アメリカのミスにも助けられ、15−8。
セットカウント3−2でアメリカを破り、日本は3位で銅メダルとなり、
1978年の世界選手権大会での銀メダル以来、32年ぶりのメダル獲得となりました。

この最終セットは、木村沙織のサーブが面白いように決まり、
5−3とリードを奪うと、そのままリードを広げました。
最後はアメリカの強打をセッターの竹下佳江がレシーブ、そしてそれをリベロの佐野優子が
エースの木村沙織へトス、最後は木村沙織の見事ななスパイク、
それをアメリカがブロックアウトして日本のメダルが決まりました。

竹下・佐野・木村へと繋いで決めたバレーは、まるで芸術作品を観ているような感動でした。
そして、この最終セットは、木村沙織が自分の力でもぎ取ったと言っても過言ではないくらい
サーブ、スパイクにブロックも決めての大車輪の活躍でした。
ミラクルサオリンというネーミングに納得しました。
セッターの竹下選手とリベロの佐野選手はさすがでしたが、
木村選手のここぞというときに決めてくれる姿に魅了されました。
木村沙織に、「ボールは自分が打つから、私に持って来い」という気力を感じて、
「エース」と呼ぶにふさわしい逞しさを感じました。
昨年は栗原恵の影に隠れているような感じでしたが、
今年は決めるべき時はきっちり決める頼もしい選手に成長したように思います。
木村沙織は、名実ともに日本のエースだと思います。

総じて、選手たちのあきらめない頑張りに感動しました。
名セッター兼名レシーバーの竹下佳江、名リベロの佐野優子、
アタッカーとして大きく成長した木村沙織、山本愛、江畑幸子、石田瑞穂、迫田さおり、
キャプテンながら控えが多くなった荒木絵里香、
膝の手術で復帰した栗原恵・・・どの顔にも涙と笑顔がこぼれたことでしょう。

この最終戦は、平均身長186センチを超えるアメリカを
日本がチーム力で撃破した対戦でした。まるで、真珠湾攻撃のような・・・・

今回、日本が敗れた国は、中国、ロシア、ブラジル。
いずれも高さとパワーを持った強豪ばかりですが、
身長の低い日本がこれらの国にどうすれば勝てるか、
今後更に研究して2年後のロンドンオリンピックに向けて
飛躍していくことを期待します。

画像
やった!勝利に喜ぶエース木村沙織(中央)
背番号12 saori、今や日本のコートには欠かせない存在だ。


画像
メダルを決め、抱き合って喜ぶ日本チーム


画像
記念撮影に集う日本チーム


画像
銅メダルを手にする日本選手たち


全ては、ここから始まった
2010世界バレー女子 第2ラウンドへ


そして・・・・・

32年ぶりの快挙! 日本銅メダルおめでとう。

2010世界バレー女子 準決勝 日本×アメリカ PART1


2010世界バレー女子 準決勝 日本×アメリカ PART2



リンク
世界バレー女子の10月29日から11月13日に至る10日間、日本が対戦した試合の様子は、
連日、下記のサイトに記入しています。

URL                              (月/日) 対戦相手国
http://matiere.at.webry.info/201011/article_7.html (11/13) 対ブラジル   
http://matiere.at.webry.info/201011/article_6.html (11/10) 対ロシア   
http://matiere.at.webry.info/201011/article_5.html (11/ 8) 対韓国      
http://matiere.at.webry.info/201011/article_4.html (11/ 7) 対トルコ   
http://matiere.at.webry.info/201011/article_3.html (11/ 6) 対中国    
http://matiere.at.webry.info/201011/article_2.html (11/ 4) 対セルビア   
http://matiere.at.webry.info/201011/article_1.html (11/ 2) 対コスタリカ    
http://matiere.at.webry.info/201010/article_3.html (10/31) 対アルジェリア  
http://matiere.at.webry.info/201010/article_2.html (10/30) 対ペルー     
http://matiere.at.webry.info/201010/article_1.html (10/29) 対ポーランド   





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全日本女子バレー、アメリカを倒し銅メダル獲得 matiere/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる