matiere

アクセスカウンタ

zoom RSS ロータリング画像 日本女子フィギュアーの舞姫たち

<<   作成日時 : 2007/11/04 01:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

日本女子フィギュアーの舞姫たち



サン=サーンス作曲「白鳥」
"Le Cygne" by Saint-Saens

荒川静香、安藤美姫、村主章枝、中野友加里、浅田舞、浅田真央


このロータリング画像は、アメリカのフリーサイトのFLASHのアプリケーション
「Picture trail」で作りました。



サン=サーンス作曲「白鳥」は、曲名のとおり湖面に遊ぶ白鳥が目に浮かぶ優雅なメロディーです。サン=サーンスの「白鳥」は、早稲田大学大学院のシンデレラガール中野友加里選手が2007年度エキシビションに使用しています。中野友加里選手が使用している曲は、このブログのBGMの演奏によるものではなく、『オーラ〜美しい感動〜』というCDに収録されている『アリア(風)〜サン=サーンス「白鳥」』です。サン=サーンスの「白鳥」は、白鳥のように優雅に舞う中野選手にピッタリの優しいメロディ。フィギュア・スケートのシーズンが開幕し、この素晴らしい演技を目にする機会も増えていくことになります。

サン=サーンスの「白鳥」は、組曲「動物の謝肉祭」の第13曲“白鳥”であり、組曲「動物の謝肉祭」の中でと言うより、サン=サーンスの作品全体の中でも、特に有名で人気のある曲です。流れるような旋律の美しさは、印象的です。


本日のニュースより 2007年11月4日(カナダ・ケベック市 3日)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ第2日は3日、ケベック市(カナダ)で女子の演技などを行った。女子シングルは、浅田真央がショートプログラム3位から逆転優勝。中野友加里は冒頭のトリプルアクセルを成功させてフリープログラム2位で総合2位に入った。グランプリシリーズ初出場の武田奈也選手は6位と健闘した。男子シングルは、ショートプログラム首位の世界選手権王者、フランスのブライアン・ジュベールが優勝。フリー2位だったがショートの高得点が利いた。

女子はショートプログラム3位と出遅れた浅田真央(17=愛知・中京大中京高)が177・66点で逆転優勝した。浅田真央は日本選手としては最多のGPシリーズ4勝目。スケートカナダでの日本女子の優勝は1984年の伊藤みどり以来で23年ぶり。

 昨季の世界ランキング1位の浅田真央は、代名詞ともいえるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を国際大会で初めて回避する作戦に転じ、失敗の危険性があるフリーの大技を捨てて安全策に踏み切った。11度のジャンプを無難にまとめて119・58点でフリー1位となり、合計得点で逆転した。
画像
女子フリーで優勝した浅田真央=カナダ・ケベック市で


 フリーの曲はショパンの「幻想即興曲」。繊細なピアノの旋律を美しく繊細なステップを生かした滑りで表現した。「幻想即興曲」は、トリノ五輪金メダルの荒川静香が同五輪のショートプログラム(SP)で使用したもの。

 観戦した荒川静香から「優勝できたことは強い意志を持っているから」と精神的な成長を称賛された。

 浅田真央はジャンプに定評がある。2007年3月の世界選手権東京大会では安藤美姫が金メダルを獲得したが、浅田真央は世界選手権初出場ながら銀メダルを獲得。最も印象に残っている演技として、荒川静香の2004年世界選手権の『トゥーランドット』を挙げている。 歌手の浜崎あゆみの大ファン。クラシック音楽も好んでいる。

 11月15日開幕のフランス杯(パリ)、そして来年3月の世界選手権(スウェーデン)では、得意のジャンプで完勝を目指すと思われる。


 スピンの女王・中野友加里(22=早稲田大学)がリンクに登場した。大歓声が沸き上がった。転倒するケースも多く、きわめてリスクの高い、浅田真央も回避したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を、演技の冒頭、中野が見事に決めた。前日のSPでは4位だったが、波に乗って、大きな取りこぼしはなく、地力を発揮してトリプルアクセルに成功し、合計169・43点で2位の表彰台に駆け上がった。出遅れた前日のSPとは対称的に笑顔がこぼれた。

 中野友加里はドーナツスピンが有名だが、トリプルアクセルも見事。「中野友加里ここにあり」を見せてくれた。現在までに日本人女子選手で公式試合においてトリプルアクセルを成功させた選手は伊藤みどり、中野友加里、浅田真央の3人だけ。しかも日本人女子としては、伊藤みどりから10年間、誰も成功していなかったトリプルアクセルを成功させたのが中野友加里である。今回、トリプルアクセルを封印した浅田真央も、今後、世界大会に向けて、この演技に取り組むものと推定する。

 中野友加里は、現在、早稲田大学大学院人間科学部在学中、日本スケート連盟特別強化選手。
画像
中野友加里、世界が注目の大技トリプルアクセルで2位に入賞。
技術点で浅田真央を抜いた=カナダ・ケベック市で


 2006年トリノオリンピック女子シングルのカナダ代表、地元カナダ期待の氷上の女王ジョアニー・ロシェットは、合計168.18点で、3位に輝いた。
画像
フリーの演技を終え、観客に手を振るジョアニー・ロシェット


 この大会がGP戦シニアデビューの武田奈也(たけだなな、18=早稲田大学)は、ほぼミスのない演技で計148・05点の6位だった。

画像
スケートカナダ女子表彰式
中央:浅田真央 (優勝) 左:中野友加里(2位) 右:ジョアニー・ロシェット(3位)
(AP=共同)


【グランプリ(GP)シリーズ】 

スケートアメリカ、スケートカナダ、中国杯、フランス杯、ロシア杯、NHK杯(仙台市で開催)の6戦が行われ、2戦合計ポイントの上位6人(ペア、アイスダンスは6組)が12月にトリノで開催されるGPファイナルに進出する。日本勢の優勝回数は浅田真央の4勝が男女を通じてトップで、男子は高橋大輔が3勝、本田武史、織田信成が2勝、女子は村主章枝、恩田美栄が2勝、荒川静香、安藤美姫、中野友加里が1勝ずつしている。


【フィギュアスケートの技と種目】

     ブログページ「フィギュアスケートの技と種目」に概説


2007年スケートカナダでの演技曲目:

浅田真央
ショート演技(SP):イギリス映画サントラ(ジャン・クロード・プティ作曲)
「バイオリンと管弦楽のためのファンタジア」
(国内盤:ラヴェンダーの咲く庭で)
フリー演技(FS):ショパン作曲「幻想即興曲」

中野友加里
ショート演技(SP):ショパン作曲「幻想即興曲」
フリー演技(FS):リムスキー=コルサコフ作曲「スペイン奇想曲」

ジョアニー・ロシェット
ショート演技(SP):チャイコフスキー作曲「ピアノ協奏曲第一番 変ロ短調 作品23」
フリー演技(FS): ミュージカル「ドン・ファン」より

武田奈也
ショート演奏(SP):タンゴの名曲「タンゲーラ(タンゴ好きのお嬢さん)」
フリー演技(FS):ラウル=ディ=ブラシオ演奏「秋によせて(Otonal)」


リンク:

 フィギュアスケートYoutube

 フィギュアスケートで使われている曲1♪

 フィギュアスケートで使われている曲2♪

 フィギュアスケートで使われている曲3♪




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
浅田真央選手、逆転優勝
前日のSPでジャンプの失敗を繰り返し、3位と出遅れた浅田真央選手でしたが、フリーで最高点の119.58点を出し、合計177.66点で逆転勝ち。代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を国際大会で初めて回避する作戦に転じ、高得点をマーク。男女を通じ日本選手最多のGPシリーズ4勝目を挙げた。真央ちゃん、やっぱり凄いですね!浅田真央、15歳浅田真央、16歳 ...続きを見る
京都日記~独り言~
2007/11/05 11:25
浅田真央逆転でGP4勝目=中野は2位、武田6位−スケートカナダ
【ケベック市(カナダ)3日時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ今季第2戦、スケートカナダ第2日は3日、当地で行われ、女子で昨季世界選手権2位の浅田真央(愛知・中京大中京高)が自由で1位の119.58点をマークし、合計177.66点でSP3位から逆転優勝した。浅田真は男女を通じ日本人選手最多のGPシリーズ通算4勝目。 SP4位の中野友加里(早大)は自由で2季ぶりとなるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、合計169.43点で2位。武田奈也(早大)は6位だっ... ...続きを見る
女性が気になる三面記事
2007/11/05 12:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロータリング画像 日本女子フィギュアーの舞姫たち matiere/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる