matiere

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】イタリアの太陽 〜 ソフィア・ローレン

<<   作成日時 : 2009/09/18 00:50   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 2 / コメント 1

ソフィア・ローレン
イタリア(1934.9.20〜)

ソフィア・ローレンは1934年9月20日にローマで生まれた。ナポリ近郊のポッツオーリ(Pozzuoli)という町で貧乏な少女時代を送り、早い頃から女優を志した。1961年の「ふたりの女」でアカデミー主演女優賞、カンヌ映画祭女優賞を獲得した。1964〜1970年にはイタリアきってのプレイボーイ俳優マルチェロ・マストロヤンニと幾つかの作品で共演、名コンビとして評価された。なかでも1970年の「ひまわり(Sunflower)」は不朽の名作として多くのファンを開拓した。はっきりした目鼻立ち、肉感的な風貌により、素朴なイタリア女性の理想を体現して、戦後のスクリーンを飾った最も美しい女優のひとりに数えられた。激しい気性の女性を演じることが多く、その生き生きとした存在感と、「イタリアの太陽」と称えられたその美貌は、歳を重ねても輝きを失うことなく、映画の中で光り続け、ドル箱女優の地位を保ち続けた。70歳を過ぎた今でも現役の頃と寸分違わぬ美貌が輝いている。


画像
Sophia Loren
Photo Date: 1959
Photo by Wallace Seawell - All Rights Reserved
Picture from Sophia Loren Official Site (Closed Site)



島の女 (Boy on a Dolphin)

ソフィア・ローレン主演映画「島の女」 原題:Boy on a Dolphin (いるかに乗った少年)

画像

画像
Sophia Loren in "Boy On A Dolphin," 1957.
Photo Date: 1957
Image courtesy MPTV.net

島の女 (いるかに乗った少年) 制作:1957 アメリカ
主演:アラン・ラッド、ソフィア・ローレン
監督:ジーン・ネグレスコ、音楽:ヒューゴ・フリードホーファー

リンク:  "島の女(1957) - goo 映画"


Sophia Loren - S'Agapo (1957)
BOY ON A DOLPHIN

Tinafto 歌:ソフィア・ローレン (ギリシャ語)


Sophia Loren, Tonis Maroudas - Ti 'ne afto pou to lene agapi (1957)
BOY ON A DOLPHIN

Tinafto 歌:ソフィア・ローレン (ギリシャ語)


「島の女 」は、ギリシャのエキゾチックな風景をバックに、秘宝をめぐる冒険とロマンスを描いたドラマである。

ギリシャのハイドラ島(ヒドラ島)で海綿採りの海女をしている娘・フェードラ(ソフィア・ローレン)は、ある日、エーゲ海の海底に眠る古代の秘宝、イルカに乗った少年の黄金像を見つけた。恋人のリフは幻覚だと相手にしないが、ホーキンス医師(ローレンス・ネイスミス)は、資料を調べ、船が約2千年前に沈んだ宝物船であると見当をつけた。フェードラは、この黄金像を売れば暮らしが楽になる、弟を学校にやることもできると、アテネの博物館に売り込みに行く。相手をしたのはアメリカ人考古学者コールダー博士(アラン・ラッド)。陰で話を聞いていたイギリス人美術コレクターのパーマリー(クリフトン・ウェッブ)は、博物館に売ったのでは金にならないとフェードラに入れ知恵する。パーマリーに売るつもりになったフェードラは、コールダーを違う場所に案内してあきらめさせようとする。しかし、コールダーの言葉にフェードラの心は揺れる。彼女は彫像をパーマリーに引き渡す前に、一度コールダーに見せることにした。しかし、彫像はすでに洞窟から持ち出されていた。コールダーは事件をギリシャ当局に報告して島を去る決意をする。フェードラとコールダーは二人で過ごすうちに、次第に惹かれあうようになる。

ソフィア・ローレン初のアメリカ映画主演作であり、シネスコ画面にソフィアの若い肢体も魅力的な作品である。主題歌の「イルカに乗った少年(Boy on a Dolphin)」が大ヒット。

ソフィア・ローレンが映画の中でギリシャ語で歌う主題歌の原曲は、ギリシャのタキス・モラキス(Takis Morakis)の「ティナフト(Tinafto)」という曲で、それをアメリカの作曲家ヒューゴ・フリードホファ(Hugo Friedhofer)がアレンジしたものである。ギリシャ語の作詞は J. Fermanglouである。

映画の最初と最後のタイトルバックに使われている曲はアメリカのポール・フランシス・ウェブスター(Paul Francis Webster)が英語の詞をつけ、ジャズシンガーのジュリー・ロンドン(Julie London)が歌ったものである。映画の中でジュリー・ロンドンは「これは、人びとが、いるかについて語り伝える物語...」とギターの伴奏でしっとり歌った。エキゾチックで、流れるように綺麗なメロディーである。ヘレン・メリル(Helen Merrill)も歌っている。

ヒューゴ・フリードホファ Hugo Friedhofer
http://www.d1.dion.ne.jp/~hsakagam/Composer134.htm
島の女 BOY ON A DOLPHIN
http://www.d1.dion.ne.jp/~hsakagam/Composer134.htm#BOY ON A DOLPHIN
FSM Board: "BOY ON A DOLPHIN" ... Greek text by J. Fermanglou
http://www.filmscoremonthly.com/board/posts.cfm?threadID=53504&forumID=1&archive=0



ソフィア・ローレン「ティナフト(Tinafto)」-「島の女」主題歌--S盤アワーより
ギリシャ語
作詞:J. Fermanglou 作曲:Hugo Friedhofer




ジュリー・ロンドン「イルカに乗った少年(Boy on a Dolphin)」-「島の女」主題歌
英語
作詞:Paul Francis Webster 作曲:Hugo Friedhofer


Tinafto(ティナフト) 
--(ギリシャ語) 歌:ソフィア・ローレン

S'agapo,s'agapo,s'agapo.
Ti neafto pouto lene agapi
Ti neafto−ti neafto
Pou krifa tis kardies odigi
Ki opios toniose to nostalgi

Ti neafto pouto lene agapi
Ti neafto−ti neafto−
Gelio darki liakada vrohi
Tis jois mas ke telos kiarhi

Pote pote kanaba stoma
Den toure ke den tope−akoma

Ti neafto pouto lene agapi
Ti neafto−ti neafto−
Pou se kanis nales to skopo
S'agapo,s'agapo,s'agapo.


歌の中に出てくる"S'agapo"というのはギリシャ語で、英語の "I love you"という意味だそうだ。
"Tinafto" は"何?"という意味、"agapi"は"愛"という意味で、
Tinafto pu to lene agapi は、"愛って、いったい何?"という意味になる。


A Boy on A Dolphin
--(英語) 歌:ジュリー・ロンドン

There's a tale that they tell of a dolphin
And a boy made of gold.
With the shell of the pearls in the deep
He has lain many years fast asleep.
What they tell of the Boy on A Dolphin
Who can say if it's true.
Should he rise from the depths of the ocean
And wish that you wish will come true.

You say he is only a statue
And what can a statue achieve.
And yet while I'm gazing at you
My heart tells my head to believe.
If the boy whom the God have enchanted
Should arise from the sea
And the wish of my heart could be granted
I would wish that you loved only me.

(訳詞)
ここに、黄金で作られたイルカと少年について、人々が語り伝える物語がある。
少年は、深い海の中で真珠貝の寝床に横たわって
長い年月、ぐっすりと眠りつづけている。
そのイルカに乗った少年の話が本当かどうかはわからない。
少年が深海の底から姿を表わすことで
貴方の願いは叶うかもしれない。

少年は唯の彫像で何もできないと貴方は言う。
でも、貴方を見つめているうちに、
私の心は信じてしまう。
たとえ、少年が神から魔法をかけられていたとしても
きっと海から蘇ってくることを。
そして、私の思いが叶えられ、
貴方が私だけを愛してくれることを。
                         (訳: T.Fukui)


「鍵」The Key
     『THE KEY』(鍵)1958 イギリス
       主演:William Holden ウィリアム・ホールデン (David Ross)
           Sophia Loren ソフィア・ローレン (Stella)

画像
MOVIE SCIEN
出演: William Holden, Sophia Loren 監督: Carol Reed 制作:1958

異色の恋愛ドラマ。第二次大戦中、敵の攻撃を受けた船を曳航するという危険な仕事をしているイギリス海軍の曳船の船長は、同僚から不思議な女の部屋の鍵を渡される。が、その同僚は戦死してしまう。彼の最後の言葉に従って女と暮らし始めた船長であったが...



ふたりの女(La Ciociara) 
 アカデミー主演女優賞、カンヌ映画祭女優賞受賞作品

画像
第二次世界大戦下のイタリア。夫を亡くし、食料品店を切り盛りしている女主人公は、娘を連れて田舎へ疎開する。戦争は間もなく終結するが、疎開先からローマへ引き返す母娘に思わぬ悲劇が待ち受けていた。戦争の混乱の中を生き抜く女たちの姿を力強く描いた作品で、注目は母親を演じるソフィア・ローレンの力演。
主演:ソフィア・ローレン、 ジャン・ポール・ベルモンド 、ラフ・ヴァローネ
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ、音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ


ふたりの女(La Ciociara) Clip 1 


以下、Clip 2 と Clip 3 のMovieのアドレス
ふたりの女 Clip 2  http://il.youtube.com/watch?v=nHaXtxGonWc&feature=related
ふたりの女 Clip 3  http://il.youtube.com/watch?v=TwwWZaa63x0&feature=related

ひまわり (Girasoli)
ソフィア・ローレンの代表作といっていい作品

画像


画像
戦争に引き裂かれた男と女の愛の物語。
主演:ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ、音楽:ヘンリー・マンシーニ

映画『ひまわり』は、戦争を舞台にした、ソフィア・ローレン&マルチェロ・マストロヤンニ主演の切ない映画だ。そのいきさつは『シェルブールの雨傘』も似通っている。 ロシア戦線の生き残りで命を助けらた兵士と、大地一面にひまわりが咲き乱れる村の娘。 出征前の故郷の恋人。この3人の切ない人間模様が、画面いっぱいに咲き乱れるひまわり畑と重なる。
映画『ひまわり』の主題曲は、ヘンリー・マンシーニの作品。 ヘンリー・マンシーニの曲も、この上なく美しい。スクリーン・テーマではあるが、何か別格な風格を感じる曲だ。 太陽に輝くウクライナのひまわり畑に咲く大きな愛の花、そんなイメージでまとめられた曲なのだろう。




ヘンリー・マンシーニ作曲 I Girasoli (Sunflower_ひまわり) --from Youtube --


【Loss of love】 Sunflower 〜ひまわり〜 のテーマ
Scott Walker - Loss Of Love (Theme from 'Sunflower')
スコット・ウォーカー歌 : 「ロス・オブ・ラブ」(「ひまわり」 のテーマ)
 

  "Sunflower" が、どういうわけか歌の題名は、"Loss of love"



Scott Walker"Loss of love"--from Youtube--


  作詞/ ボブ・メリル Bob Merrill
  作曲/ ヘンリー・マンシーニ Henry Mancini
  歌 / スコット・ウォーカー Scott Walker

【英語歌詞】

Love is storm and wind and tide
All the tears your heart can hold
But I look back after Loss Of Love
And know the days were gold

I see only shattered skis
Not a ray of light to find
But I look back after Loss Of Love
And sunlight blinds my mind

Songs were sung with words as young as May
But in the midst of summer winter came
A chill blew out the flame

Now the words of haunted songs
Ring as clear as they did then
Still I look back after Loss Of Love
And live to love again


ラ・マンチャの男 (Man of La Mancha : Sancho Panza Gay?)

ラ・マンチャの男 (Man of La Mancha) はセルバンテスの小説『ドン・キホーテ』をもとにしたミュージカル作品


画像
映画「ラ・マンチャの男」
セルバンテスの小説『ドン・キホーテ』をもとにしたミュージカル作品
主演: ピーター・オトゥール、ソフィア・ローレン
監督:アーサー・ヒラー 音楽:ミッチ・リイ

中世スペイン、セリヴィアの牢獄のなかで作家セルバンテスは「ドン・キホーテ」という小説を書き始める。その内容はラ・マンチャという地方の郷士(騎士)、ドン・キホーテが従者サンチョ・パンサをつれて永遠の女性ドルネシアを求める遍歴の旅≠フ物語だった。


見果てぬ夢--ラ・マンチャの男
映画「ラ・マンチャの男」(1972年)より
名優 ピ−ター・オツールが名曲
「見果てぬ夢 The Impossible Dream」を唄います。相手役はソフィア・ローレン

The Impossible Dream-Man of La Mancha(見果てぬ夢--ラ・マンチャの男)
出演:Peter O'Toole, Sophia Loren, James Coco


"The Impossible Dream" from MAN OF LA MANCHA (1972) 
music by Mitch Leigh and lyrics by Joe Darion


"The Impossible Dream" sing by Peter O'Toole



トリノ五輪セレモニー&ネッスン ドルマ 
(Torino 2006 Olympic Ceremony - Overview + "Nessun Dorma")


画像

トリノオリンピック開会式旗手入場
先頭は、ヨーロッパを代表して開催国イタリアのソフィア・ローレン
この写真は、Rokoさんのブログ「ついてる日記U」よりお借りしました。


2006年2月にイタリア・トリノで開催された冬季オリンピックの開会式で、ソフィア・ローレン、スーザン・サランドン、マータイら平和と友愛を象徴する世界の8人の女性が、各大陸を代表する女性として五輪旗を掲げて登場した。ソフィア・ローレンは、72歳のこの時でも凛々しい姿で登場。変わらず理想的なイタリア女性として絶大なる人気を誇ってるという。


画像
画像


ソフィア・ローレン出演映画のポスターは、ここ(英語サイト)に多く掲載されている。


Sure, there are some women I lusted for in my dreams (and day-dreams)... a variety of them. People like (young) Elizabeth Taylor, (young) Joan Collins. but also Mitzi Gaynor (even today!), Audrey Hepburn, Lauren Bacall, Susan Hayward, Catherine Deneuve, a number of others... but most notably, Sophia Loren, who even today manages despite the ravages of seven decades to carry off a head of Big Hair and slinky sequined gowns. Loren typified for me the classic beauty of Mediterranean Europe. 

(日本語訳)
それはもう、私が夢で、また妄想で、焦がれた女性は大勢います。
若き日のエリザベス・テーラーやジョアン・コリンズ・・・
今でも憧れのミッツィ・ゲイナーやオードリー・ヘップバーン・・・
あるいはローレン・バコール、スーザン・ヘイワード、カトリーヌ・ドヌーブ・・・などきら星のごとくです。
でも、その中から一人を選べと言われたら、迷わずソフィア・ローレンです。
彼女は70才を過ぎた今でも、豊かな髪と、古代ローマの彫像を思わせる裸身に纏うガウン姿で我々を魅了し続けています。
ローレンは・・・私にとって・・・地中海に舞い降りた古代の貴族婦人そのものなのです。
                                                (訳:tabitaro)


当blogにて使用している画像・音楽・引用文の著作権は、その制作者・制作会社に帰属します。


Copyright© 2007 Matiere

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エーゲ海の海綿
ギリシャを旅した際、クレタ島やサントリーニ島の土産物を売る店の店先には、不恰好ではあるが見たことがないほど大きな海綿がぶら下げられていた。地中海、とりわけエーゲ海では古来「海綿獲り」が盛んという。 ...続きを見る
Tomotubby’s Travel B...
2009/10/29 04:02
http://whilelimitless.com/limitless-pill/nzt-48/
yf_zC^_A_z@`@\tBAE_[_ matiere/EFu_u_O ...続きを見る
http://whilelimitles...
2017/01/05 04:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
リンク先にさせていただきました。2011年03月28日正見行脚:ミューズの晩餐お別れは「♪ひまわり」だった。
http://blog.livedoor.jp/keitokuchin/archives/65469556.html
よろしくお願いします。
keitokuchin
2011/03/28 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
【映画】イタリアの太陽 〜 ソフィア・ローレン matiere/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる